スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台ついでで

19870825 455-44 sendai  19870825 455-49 ayashi

おまけついでに同じ日に仙台あたりで撮った455系、左右ともにクハ455はクハ165の改造車です。
左はクハ165-181改造のクハ455-317、右は愛子でのクハ165-159改造のクハ455-309です。
東北色への塗替えと、車内のセミクロスシート改造は同時に行われれた訳ではありませんので、東北色のオールクロスシート車や、急行色のセミクロスシート車がおりました。
右のクハ455は昔宮原にいました。そう、新快速色をまとっていたこともあったのです。この後磐越西線色をまとった仲間もいたのですが、電動車の若番車が殆どで、この2本は東北色のまま廃車になっています。
スポンサーサイト

どうやらアンテナは無いようです

陸前原ノ町に貸し出された101系1000番台が無線アンテナを装備していたかどうかなんですが、どうもアンテナは見えませんね。
かつての常磐アンテナと違って1986年11月以降は無線アンテナのない車は本線走行できないので、除籍時点で撤去したか、86年10月で使用を終了したかのどちらかでしょうね。

19870825 101-1000 rikuzenharamomachi  19870825 105-601 rikuzenharanomachi

もう片方は民営化までに何とか改造して105系に編入した103系です。東北博のヘッドマークを装着しております。
撮影したのが高城町ですから、この辺りは大丈夫と思うんですけれど。

伊那美人の連結器を変えてみる

他車との連結ができないKATOの半流53、先頭はそれでもいいが、53007と他車を連結させてみたいこともあって、連結面の連結器をカトーカプラーボディーマウント密連用に交換できればいいなと挑んでみた。
cuppler_1.jpg  cuppler_2.jpg
左は飯田線シリーズの密着連結器、右は召し上げられた101系の密着連結器である。飯田線シリーズの方は、連結器で連結できるタイプで、従来型は253系以来の連結器の下部のナックルを引っ掛け合うタイプであるが、それ以外は同じ形態である。ASSYを使わなくても、双方の交換で連結器の交換ができた。
cuppler_47before.jpg  cuppler_47after.jpg
左が改造前、右が改造後のクハ47である。右側は連結器の下に伸びているのがわかるだろう。
cuppler_53before.jpg  cuppler_53after.jpg
53の連結面である。見えないから連結面は塗られていない。気になる人は自分で塗れということだろう。こちらも右側は連結器の下にフックが見えていることがわかるだろう。
これでグリーンマックスのクハ68や鉄道コレクションのクハ68の改造車を連結できるようになったわけだ。

KATOの伊那美人

かねてから話題になっていた製品が11月末に発売された。予約しておいてよかった。
53007=68420.jpg  47009=53008.jpg
左が53007の編成、右が53008の編成である。そつない。運転台側も連結面もボディーマウントの密着連結器となっており、他車との連結はし難い。
53007_umi.jpg  53007_yama.jpg

53008_umi.jpg  53008_yama.jpg
半流53の海側と山側(今は使わない言葉らしいが)である。奇数偶数をちゃんと作り分けている。いきなり看板役者をもってきたのは、クモヤ90の台車を流用したかったのか。
47009_umi.jpg  47009_yama.jpg
47009の海側と山側である。特定ナンバーだから、リベットがない部分まで再現しているということか。
68420_umi.jpg  68420_yama.jpg
色々話題になっていた68である。当初の予定通り、55改造車の68420であった。トイレがないのでいろいろ言われていた68042や、ラストを飾った68400ではなかった。この組み合わせって、本当にあったのだろうか。68400はコロ軸受台車なので採用しなかったのかもしれない。シリーズが続けば、ユーザーは組み替えたりするのだろうが。
face_odd.jpg  face_even.jpg
顔である。左は奇数向きの2両、右は偶数向きの2両である。残念ながらジャンパーケーブルは塗られていない。101系では塗られていたのに。そして、55改造車の幌枠のエラまで別パーツで再現されている。
貫通路に関しては、手を加えるので、次回に。

地鉄の京阪3000

京阪80303000の最後の一本の先頭車と二階建て中間車が、二昔前に多数の仲間が向かった富山地方鉄道に譲渡された。
19881023 3515×6 fukakusa  10031=10032 19910721 kamiichi
左は8000系登場前の京阪間で阪急6300、JR117系と覇を競った時代(88年10月、深草)である。右は地鉄移籍後(この後4枚はいずれも91年7月撮影、これは上市)の10031=10032である。台車をはきかえて全車電動車になったので、定格出力は600kwある。
10033=10034 19910721 dentetsukurobe  10035=10036 19910721 unadukionsen
傾いているが左は電鉄黒部での10033=10034で隣には14790がいる。右は宇奈月温泉近くの温泉街で撮った10035=10036だが、ここでは泊まっていない。
10041=10042 dentetsutoyama  20130306 8081×8 moriguchishi
京阪色より気になったのが新色だが、在来車もこのカラーリングになるとは当時思っていなかった。
右は今回富山に行った最終編成の、最終定期営業運転の4日前(2011年3月6日、守口市)の一枚である。乗客には帰宅に乗り込むだけの電車であろうが。

プロフィール

なにわ

Author:なにわ
実写、模型、プラレール、気が向けば更新
議論系は別ブログ
http://kuchiwaza.blog73.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。