スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KATOの伊那美人

かねてから話題になっていた製品が11月末に発売された。予約しておいてよかった。
53007=68420.jpg  47009=53008.jpg
左が53007の編成、右が53008の編成である。そつない。運転台側も連結面もボディーマウントの密着連結器となっており、他車との連結はし難い。
53007_umi.jpg  53007_yama.jpg

53008_umi.jpg  53008_yama.jpg
半流53の海側と山側(今は使わない言葉らしいが)である。奇数偶数をちゃんと作り分けている。いきなり看板役者をもってきたのは、クモヤ90の台車を流用したかったのか。
47009_umi.jpg  47009_yama.jpg
47009の海側と山側である。特定ナンバーだから、リベットがない部分まで再現しているということか。
68420_umi.jpg  68420_yama.jpg
色々話題になっていた68である。当初の予定通り、55改造車の68420であった。トイレがないのでいろいろ言われていた68042や、ラストを飾った68400ではなかった。この組み合わせって、本当にあったのだろうか。68400はコロ軸受台車なので採用しなかったのかもしれない。シリーズが続けば、ユーザーは組み替えたりするのだろうが。
face_odd.jpg  face_even.jpg
顔である。左は奇数向きの2両、右は偶数向きの2両である。残念ながらジャンパーケーブルは塗られていない。101系では塗られていたのに。そして、55改造車の幌枠のエラまで別パーツで再現されている。
貫通路に関しては、手を加えるので、次回に。
スポンサーサイト
プロフィール

なにわ

Author:なにわ
実写、模型、プラレール、気が向けば更新
議論系は別ブログ
http://kuchiwaza.blog73.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。