スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

485系中間動力車を作る(3)

m484-6.jpg
モハ485と同様に1窓延長するので、車体、台枠とも485系を切り継ぐことになる。屋根加工はこれからである。
m484-5.jpg
トイレ側に先にあげた動力車がつながるので、連結器の向きを逆転しなければいけないので、車体も削らなければいけない。
m484-2.jpg
こちらは製品のままである。

スポンサーサイト

485系中間動力車を作る(2)

さて、485系を買って来たはいいが、中間車にせざるをえない。おまけに車体固定用のツメが端のほうにある。そこで中間車と切り継ぐことになる。先頭車から改造した証拠として、JRマークが残っている

m485-1.jpg

ところが動力ユニットの関係で窓1個分延長する必要があり、升形に切り継がざるを得ない。さらに電池のスペースの関係で両方とも連結器をリングにする必要がある。便所の位置からしてこの動力車が3両目になってしまうのである。

m485-2.jpg

屋根も485系の先頭車と後尾車を切り継いで、接着してはめ込む。

m485-3.jpg

この後、切り継いだ跡をやすって、再塗装が待っている。
プロフィール

なにわ

Author:なにわ
実写、模型、プラレール、気が向けば更新
議論系は別ブログ
http://kuchiwaza.blog73.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。