スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70系新潟色改造記(4)

別に放置していたわけではなく、インレタを貼っていないので、完成していないだけである。
76007-005.jpg76007-006.jpg

奇数車である。基本的に塗り替えただけである。
76008-005.jpg76008-006.jpg


偶数車である。当然ながら、正面のジャンパ栓も削っている。
スポンサーサイト

70系新潟色改造記(3)

昭和25年度車のモハ70の窓のHゴムは次のようになっている。

   海側 1 2 3 山側 1 2 3    施工工場    施行日    旧番
71020 ? ? ?    口 口 口    豊川     600719  (70001)
71018 口 口 口    ? ? ?    大井     600927  (70002)
71019 口 口 口    口 口 口    大井     601031  (70003)
71021 ? ? ?    口 口 口    豊川     600721  (70004)
70005 口 口 口    口 口 口    大井     600331
70006 口 口 口    口 口 口    大井     600331
70007 口 口 口    口 口 口    大井     591023
70008 口 口 口    ? ? ?    大井     591013
70009 口 口 口    口 口 口    大井     591011
70010 口 口 口    口 口 口    大井     591128

70101 口 口 口    ? ? ?    吹田     600414
70102 口 口 口    ? ? ?    吹田     600406
70103 口 口 口    口 口 口    吹田     600126
70104 口 口 口    口 口 口    吹田     591225
70105 口 口 口    口 口 口    吹田     591104
70106 口 口 口    口 口 口    吹田     590819
70107 ? 口 口    口 口 口    吹田     591126
70108 口 口 口    ? ? ?    吹田     591119
70109 口 口 口    口 口 口    吹田     600302
70110 口 口 口    口 口 口    吹田     600210
70111 ? ? ?    口 口 口    吹田     590717
70112 口 口 口    口 口 口    吹田     600218
70113 ? ? ?    口 口 口    吹田     590730
70114 ? ? ?    口 口 口    吹田     600309
70115 口 口 口    口 口 口    吹田     600907
70116 ? ? ?    口 口 口    吹田     591012
70117 ? ? ?    口 口 口    吹田     600113


関東の方は1959年度中に改造が済んでいる。お膝元ゆえか、ほぼ一枚ものに統一されている。豊川分工場にも、改造マニュアルが送られていたのだろう。
吹田工場も同様だったのだろう。こちらは70115以外は9ヶ月で更新を済ませている。

500系のぞみ

ぶっちゃけた話、新幹線は嫌いだ。500系が出たときには、まだ100系グランドひかりが食堂車営業もしながら走っていた。
エクステリアデザインがドイツ人の手によるものだとはあまり知られていない。デザイナーのノイマイスター氏の設計の中には、個室グリーン車まであったのだが、この計画を粉砕したのは、当然のごとく某社である。

20031022 11A W8 shin-osaka  20031022 9390A shin-osaka  20081217 29A W1 kyoto

左は2003年10月22日、福岡-大阪の日本シリーズのために、ホークスとタイガースの球団マークを両端に貼って走った臨時電車撮影のついでに新大阪駅で撮った一枚である。
新幹線というのは、出発,到着時は案外ゆっくり走るものだが、500系だけは別物であった。この段階で某社の陰謀で売店は閉鎖しているのであるが。右は2008年12月17日の京都駅、副本線に入るのも某社の陰謀であろうか。

20091216 29A  w8 maibara  20100223 29A shin-osaka=shinkobe   20100223 765A shin-osaka=shinkobe


左は2009年12月16日、米原駅を通過する500系、とにかく焦点を合わせづらいことこの上なしである。中は2010年2月23日の神崎川橋梁、まあ、新大阪-博多では8両に短くして今後も走る(右写真)のではあるが。あるいは臨時で走るかもしれない。

その天井の狭さゆえに出張のサラリーマンには嫌われたかもしない。定員が異なるというのなら、2-2の座席配列にすればいい、あるいは3両もグリーン車なんかいらないのだから、売店とラウンジを1両に集約して、ゆっくりコーヒー(仕事終りはもちろんビール)でも飲んでもらえばいい、ここまで割り切った設計をしてほしかった。

大阪-鹿児島の距離で、狭い窓に自由のきかない車内では、みんな飛行機に乗って、現地で楽しようと思うぞ。

プロフィール

なにわ

Author:なにわ
実写、模型、プラレール、気が向けば更新
議論系は別ブログ
http://kuchiwaza.blog73.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。