スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初期軽量車両

1956年より製造された10系客車であるが、1971年に山陽線で乗客に死傷者が発生する事故を起こしている。
北陸トンネル火災事故もオシ17の電気系統の損傷であり、石炭レンジが原因ではない。すでにこの年3月の改正でお大幅に連結列車を減らしている。オロ11も電気暖房改造車がなかったこともあるが、75年3月で全廃されているのはその構造によるのもあったのではないか。
19870510 naha10 58 nishimaiduru19810509 orone10 2067 osaka
一方、代替車がなかったオハネフ12は1985年まで生き延び、オロネ10も1982年まで生き残っている。こちらは10系座席車の増備終了後も1965年まで製造されていたのだが。
そういう書き方をすると、オユ10は1986年まで存在していたのだが。
電車では72系,70系、80系の全金車は製造後20年たたずに廃車が始まっている。こちらは車体に痛みを生じやすかったのであろうか。
19821114 100-47 shiki=kashiwara19820401  153-76 nagoya
新性能電車でも101系も1979年、153系も1980年より廃車が始まり、101系は1988年までにほとんど(2003年までJRに残っていたし、秩父鉄道ではまだ現役だが)、153系は1983年(サロ110への改造車の中には1992年まで生き残ったものもいる)に廃車になっている。181系、157系は別の理由もあるが。

20091202 103-1 tennouji20090204 471-2 minamiimajou=tsuruga
一方、左の103系の両端のクハは1と2、ともに1964年製造、右の471系は電動車が1962年、クハは1964年の製造である。ともに2009年の撮影である。

大学時代の材料強度学の教官が講義で話していたが、1960年までの日本の製品は壊れやすかったが、60年代中期の工業製品は壊れないので、次の製品を買ってくれなくて困るという話であった。
こういう中で、「ソニータイマー」や「走るんです」が生まれてきたのだろうか。
スポンサーサイト
プロフィール

なにわ

Author:なにわ
実写、模型、プラレール、気が向けば更新
議論系は別ブログ
http://kuchiwaza.blog73.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。