スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クモハ104-500

1981年春、宇部・小野田線の戦前型国電の置き換えが決定して103系の制御器をを1C4Mにし3扉ロングシートとした105系が投入された。同様に福塩線はセミクロスシート仕様の119系2両編成12本が投入された。

宇部・小野田線で1運用だけ3両編成があったので、105系2両編成と両運転台車のクモハ104が2両投入された。朝ラッシュ時のみの運用のために、時には本山線のクモハ42の運用に入ったり、クモハ104同士の2両編成もあった。

1984年秋、可部線の73系が105系に置き換わる際に、予備車見直しで府中から119系1本が宇部に入り、宇部から広島へ105系4本が転属した。残り6本は103系1000番台4ユニットとサハ1034両の運転台取り付け改造車でまかなった。
当初はクモハ105-500=クハ104-600を4本、クモハ105-500=クハ104-500を2本の予定だったが、どうせ改造するのなら単行や3両編成もという声もあり、103系1000番台2ユニットの両側に運転台を取り付けたクモハ104-500に改造した。

1987年8月にはクモハ123が5両改造されたため、クモハ104-500は4両とも羽衣線に投入されるために日根野へ転出している。
冷房改造は廃車になったり、客車に改造されたサシ481の電源を流用して自車のみの冷房改造として、1988年に全車完了している。
1995年11月、宇野線にクモハ123を投入するために、再び広島へ転出している。2000年3月には本山線のクモハ42置換えにクモハ123が下関に転入したために、クモハ104は6両全車が広島に集結している。
スポンサーサイト
プロフィール

なにわ

Author:なにわ
実写、模型、プラレール、気が向けば更新
議論系は別ブログ
http://kuchiwaza.blog73.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。