スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北電車特急嘘歴史(1)

1965年10月、上野-盛岡間の「やまびこ」、上野-仙台間の「ひばり」が電車化され、前年暮れに北陸に投入された481系の50ヘルツ版の483系が投入された。電動車以外は481系と共通のため、編成は
 ←上野                                          盛岡→ 
     1   2    3   4   5   6   7    8   9  10

    クハ-モハ=モハ-サロ-サシ-モハ=モハ-モハ=モハ-クハ

    481 482 483 481 481 482  483  482  483 481

の10両であったが、運用数に比べて一等車のサロ481が7両配置と余裕があったため、「やまびこ」とその折り返しの「ひばり」1往復は、
 ←上野                                          盛岡→ 
     1   2    3   4   5   6   7    8   9  10  11

    クハ-モハ=モハ-サロ-サロ-サシ-モハ=モハ-モハ=モハ-クハ

    481 482 483 481 481 481 482  483  482  483 481

の11両で運転されることが多かった。
と、まあここまでは本当の話である。

1968年、米沢-山形が交流電化され、福島-米沢も直流から交流に転換された。また前年電化された会津若松へと乗り入れることととなったが、奥羽本線、磐越西線ともに勾配線区で電動車比率が3分の2以上が必要、さらに、磐越西線は9両以下に限るという条件があったために、編成の組み換え、改造が必要になった。
当初は全てのサロ481に運転台を取り付けクロ481に改造し、不足分のみクロ481を新造する案もあったが、将来の輸送力増加に必要になること、一等車定員が減少しすぎることもあり、サロ481はそのまま残り、「やまびこ」に絡む運用と予備の3本は11両のまま、残る8本はクロ481を8両とクハ481を4両新造し、
 ←上野                      仙台・山形・会津若松→ 
     1   2    3   4   5   6   7    8   9

    クロ-モハ=モハ-サシ-モハ=モハ-モハ=モハ-クハ

    481 484 485 481 482  483  482  483 481

の9両編成となった。483系と485系の電動車は混用できるので、どこに入るかはわからない。

1969年10月、「ひばり」1往復の増発で、東北特急の上野方全てがクロ481になった。このため「やまびこ」に絡む運用は
 ←上野                                       盛岡→ 
     1   2    3   4   5   6   7    8   9  10

    クロ-サロ-モハ=モハ-サシ-モハ=モハ-モハ=モハ-クハ

    481 481 482 483 481 482  483  482  483 481

の10両編成になった。余剰のクハ481、2両とサロ481、3両は向日町に転出し、上野-長岡-金沢の「はくたか」の電車化や、新大阪-宇野の「うずしお」の増発に充当されたので、引き続き上野駅には顔を見せることがあった。




スポンサーサイト
プロフィール

なにわ

Author:なにわ
実写、模型、プラレール、気が向けば更新
議論系は別ブログ
http://kuchiwaza.blog73.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。